世界最大「鉄鋼メーカー」14年ぶり首位交替の衝撃

中国の「宝武鉄鋼集団」が初めてミタルを逆転

中国の鉄鋼最大手、中国宝武鋼鉄集団はメーカー別の粗鋼生産量ランキングで初めて世界首位に躍り出た。写真は同社の転炉設備(同社ウェブサイトより)

中国最大の国有鉄鋼企業である中国宝武鋼鉄集団(宝武集団)が、メーカー別の粗鋼生産量ランキングで、初めて世界首位に躍り出た。鉄鋼メーカーの国際的な業界団体である世界鉄鋼協会が6月4日に発表したレポートによると、2020年の宝武集団の粗鋼生産量は前年比20.8%増の1億1500万トンに達した。

昨年までの14年間、世界首位を守っていたのは欧州鉄鋼大手のアルセロール・ミタルだった。同社の2020年の粗鋼生産量は前年比19.4%減の7846万トンと大きく落ち込んだ。

前出のレポートによると、国別の粗鋼生産量の上位5カ国における2020年の生産量は、2位以下についてはインドが前年比10%減の1億トン、日本が同16.2%減の8320万トン、アメリカが同17.2%減の7270万トン、ロシアが同0.1%減の7160万トンと、いずれも2019年より減少した。

世界5大粗鋼生産国で中国は唯一増加

これらの国々と対照的だったのが首位の中国だ。2020年の中国の粗鋼生産量は前年比7%増の10億6500万トンとなり、全世界の生産量に占める比率は56.7%に達した。また、中国の増加分だけで他国の減少分の合計を上回ったため、2020年の世界の粗鋼生産量は18億7800万トンと前年比0.5%増加した。

本記事は「財新」の提供記事です

2020年のメーカー別のランキングでは、中国の鉄鋼メーカーが10位以内に7社もランクインした。首位の宝武集団のほか、3位に河鋼集団(4376万トン)、4位に沙鋼集団(4159万トン)、7位に鞍鋼集団(3819万トン)、8位に建龍重工集団(3647万トン)、9位に首鋼集団(3400万トン)、10位に山東鋼鉄集団(3111万トン)が名を連ねた。

同じく世界鉄鋼協会のレポートによると、2020年の世界の鉄鉱石の総取引量は16億5800万トンだった。そのなかで中国の鉄鉱石の総輸入量は11億7000万トンに達し、世界全体の総取引量の70%を超えた。

(財新記者:羅国平)
※原文の配信は6月5日

東洋経済プラスのデジタル特集「鉄鋼 急回復の深層」では以下の記事を配信しています。

鉄鋼業界に神風、強気の日鉄と警戒のJFE

データ/鉄鋼生産 中国勢の圧倒的な存在感

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT