「ファミチキ越えの問題児」が爆売れした3大要因

ファミマで品薄の「クリスピーチキン」誕生秘話

ファミマ40周年を冠したキャンペーンの第1弾として発売されたクリスピーチキン(撮影:梅谷秀司)

「キャッチコピーを『ファミチキ越えの問題児!?』とつけたら、本当に問題児になってしまった」

コンビニ大手・ファミリーマートが販売しているホットスナックの「クリスピーチキン」。ファミマで商品開発を担当した河口美砂氏は、思わず苦笑する。

クリスピーチキンは今年3月の発売直後、2日間で合計200万食という爆発的な売れ行きをみせた。これはファミマの圧倒的な看板商品である「ファミチキ」が現在の2日間に販売される数量の3倍に相当する。

成功の背景に周到な戦略

一時は販売を停止するまでに至ったが、現在は通常販売に戻っている。とはいえ、店舗による発注数には上限を設けた状態だ。ネット上では、「あえて品薄にしているのでは」と疑う声もある。しかし河口氏は、「そういうことは全然ない。売れるなら売りたい」と強調する。

キャッチコピーで「ファミチキ越え」を謳ったが、その実現は社内でも「正直無理だろう」(河口氏)と思われていた。それがなぜここまで売れているのか。話を聞いていくと、背景には3つの勝因があるようだ。

>>記事はこちら

デジタル特集「図解!マーケティング最前線」では以下の記事を配信しています。記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

檸檬堂をヒットさせた「戦略家」の周到な段取り

モス「女性狙い」で絶好調の裏にある王道の戦略

アニメ「鬼滅」旋風の裏にあった緻密すぎる戦術

トヨタ「ライズ」がSUVブーム牽引する納得理由

マック快進撃の裏にある「CM」の何気ない仕掛け

大丸松坂屋が「服のサブスク」始める納得の理由

電通も期待「テレビ広告」復活への斬新な切り札

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT