米韓首脳会談、韓国大統領の「自画自賛」は本物か

神田外語大・阪田恭代教授に聞く米中韓の今後

首脳会談後に共同記者会見に臨む韓国の文在寅大統領(左)とアメリカのバイデン大統領(写真:AFP=時事)
「最高の訪問だった」。2021年5月21日にワシントンで行われた米韓首脳会談。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自画自賛するほどスムーズな会談だったと評価されている。
アメリカのバイデン大統領にとっては4月の日米首脳会談に続く、直接対面による首脳会談だったが、トランプ前政権できしみが出た米韓関係を再構築するという意味合いもあったようだ。
今回の首脳会談をどう評価するか。米韓関係に詳しい、神田外語大学の阪田恭代教授にその評価を聞いた。

会談は期待以上の成果を出せた

――今回の米韓首脳会談をどう評価されますか。韓国では、文大統領自身が「最高の訪問、期待以上の成果」といい、国内でも「よくやった」という評価が多いようです。

「最高の訪問」というのは持ち上げすぎだと思うが、大枠で見れば、期待以上の成果を出せた。2021年4月の日米首脳会談に続き、今回の米韓首脳会談はバイデン大統領にとって2回目のリアル対面による首脳会談だった。アジアの同盟国として日本の次に韓国を重視しているという姿勢の表れだ。

また、日米首脳会談は同盟の結束を内外に示すことができたが、米韓にとってそれはいい意味でプレッシャーとなった。日米並みのフルアジェンダは無理だが、米韓同盟「軽視」とみられていた文大統領としては成果を出せたといえる。>>記事はこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「混迷 韓国大統領選」では以下の記事を配信しています。

米韓首脳会談、韓国大統領の「自画自賛」は本物か

最悪「日韓関係」に見え始めた改善の兆候は本物か

韓国大統領選、「ソウルで野党圧勝」の混とん

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT