温室効果ガス「46%削減」、こうすれば実現できる

カギは省エネと再エネ推進、石炭火力「ゼロ」

4月22日、オンラインの気候変動サミットで演説する菅義偉首相(左)。画面内はアメリカのバイデン大統領(写真:時事、提供:内閣広報室)

菅義偉首相は4月22日、2030年度の日本の温室効果ガス排出量について、2013年度比で46%削減するとし、「さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていく」と表明した。

今後9年間で温室効果ガスの排出量をほぼ半減させる目標は、地球温暖化対策が進んでいるとは言えない日本にとって、今までの延長線上の努力では決して達成できない厳しいものだ。しかし、経済界からも表立っての強い反対の声は聞かれなかった。なぜだろうか。

実は46%削減という数字は、日本が2020年10月に公表した「2050年までの脱炭素社会」という目標を実現するうえで、科学的に見て必要となる2030年時点での削減率なのである。>>記事はこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT