温室効果ガス「46%削減」、こうすれば実現できる

カギは省エネと再エネ推進、石炭火力「ゼロ」

4月22日、オンラインの気候変動サミットで演説する菅義偉首相(左)。画面内はアメリカのバイデン大統領(写真:時事、提供:内閣広報室)

菅義偉首相は4月22日、2030年度の日本の温室効果ガス排出量について、2013年度比で46%削減するとし、「さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていく」と表明した。

今後9年間で温室効果ガスの排出量をほぼ半減させる目標は、地球温暖化対策が進んでいるとは言えない日本にとって、今までの延長線上の努力では決して達成できない厳しいものだ。しかし、経済界からも表立っての強い反対の声は聞かれなかった。なぜだろうか。

実は46%削減という数字は、日本が2020年10月に公表した「2050年までの脱炭素社会」という目標を実現するうえで、科学的に見て必要となる2030年時点での削減率なのである。>>記事はこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT