スマホ大打撃、ファーウェイ「EV参入」が呼ぶ波紋

幹部は完成車自体の製造への進出を断固否定

4月20日、上海のファーウェイ専売店で「セレスSF5 ファーウェイ・スマート・セレクション」を発表するコンシューマー事業トップの余承東氏(ファーウェイのウェブサイトより)
中国の巨大IT企業の華為技術(ファーウェイ)が「大変身」しようとしている。アメリカ政府の制裁により、同社の稼ぎ頭だったスマートフォンが深刻な打撃を受けるなか、自動車、クラウド、再生可能エネルギーなど新分野のビジネスを急拡大させようとしているのだ。
それはファーウェイが長年積み上げてきた成功体験を自ら捨て、ビジネスの布陣を大胆に転換する野心的な試みだ。生き残りを懸けた総力戦にほかならず、その遂行は相当な痛みや混乱も伴う。
ファーウェイの大変身の裏には、どんな経営戦略があるのか。そして今、同社の社内では何が起きているのか。東洋経済の提携先である中国の「財新」が配信した特集記事の邦訳を、3回連載でお届けする。

ファーウェイのコンシューマー製品事業を率いる余承東氏は、社員たちの間で「消防隊長」の異名をとる豪腕マネジャーだ。かつて欧州法人のトップとして現地の通信事業者向けのビジネスを切り拓き、続いてファーウェイのスマートフォンをアップルやサムスン電子と競うグローバル・ブランドに育てあげた。その実績は、社内外で高い評価と人望を集めている。

そんな余氏に最近、新たなミッションが加わった。それは「自動車を売る」ことだ。

ファーウェイ専売店でEVを販売

今年4月に開催された中国最大級の自動車展示会、上海国際自動車ショー(上海モーターショー)は、ファーウェイにとって戦略的に重要な「ショーケース」となった。開催期間中の4月20日、余氏は上海市の繁華街の南京東路にあるファーウェイ製品の大型専売店でイベントを開き、同社が販売する初の自動車「賽力斯SF5 華為智選(セレスSF5 ファーウェイ・スマート・セレクション)」をお披露目した。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集中国「デジタル強国」の実像では以下の記事を配信しています。

スマホ大打撃、ファーウェイ「EV参入」が呼ぶ波紋

ファーウェイ「クラウド事業」の壮絶な社内対立

ファーウェイ「デジタル・エネルギー事業」の勝算

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT