30年で喫煙率半減!親子世代で変貌の「喫煙事情」

JTはリストラ、"紙巻きたばこ離れ"加速の実態

禁煙者が増える一方、喫煙者の間でも、1日当たりに吸う本数などの実情は年代によって変化が見られる(撮影:今井康一)

国内の「紙巻きたばこ離れ」に歯止めが掛からない。

逆風が年々強まる中、日本たばこ産業(JT)の国内たばこ事業を担う単体従業員数は、複数回のリストラにより直近20年で半減。さらに同社は2021年2月、国内事業についてパートを含めた3000人規模の人員削減を行う方針を発表している(構造改革の詳細を語った寺畠社長のインタビューはこちら)。

健康志向の高まりや値上がりなどを背景に、禁煙者が増えていることは言うまでもない。一方で日頃たばこを吸う人の"喫煙事情"には、どんな変化が起きているのだろうか。

まずは1日当たりの喫煙本数から見ていこう。

厚生労働省の2019年の国民健康・栄養調査では、50代の喫煙者のうち、1日の喫煙本数が「11~20本」と回答した人は男性・女性ともに約6割に上った。

大半のたばこは1箱20本入りであることから、1日1箱以下にとどめようと考える人が多いことがうかがえる。「10本以下」と答えた人は、女性で3割強を占めた一方、男性は約2割と少数派だった。

しかし20代に目を移すと、その実情は50代と大きく異なる。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「JT 背水の選択」では以下の記事も配信しています。

「打倒アイコス」、加熱式新商品に託すJTの命運

JT寺畠社長「たばこ事業は評価も給与も海外と統一する」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT