トラックも「脱炭素」、自動車業界の多難な現在地

電気自動車転換なら部品メーカーの死活問題に

自動車業界は脱炭素社会に向けて、産業構造の変革を迫られている(写真はイメージ、写真:つのだよしお/アフロ)

「(インフラの)数だけを目標にしないでほしい。カーボンニュートラルを実現するんだと足並みをそろえることが必要だ」

日本自動車工業会(自工会)会長を務めるトヨタ自動車の豊田章男社長は6月3日の記者会見で、政府が新たにまとめた「グリーン成長戦略」の見直し案について、こう注文をつけた。

見直し案では、電動車の普及に不可欠なインフラ整備について、充電設備は現状の5倍の15万基、うち急速充電器は同4倍の3万基、燃料電池車(FCV)向け水素ステーションは同6倍の1000基まで増設する目標が盛り込まれた。豊田社長はインフラ整備に向け、政府や自動車業界、関係者が協力する必要性を強調した。

世界的な脱炭素の流れを受け、日本政府は2020年末、乗用車の新車販売についてモーターを駆動に使う電動車の比率を2035年までに100%にする目標を打ち出した。継続課題となった商用車は、国内新車販売で2割弱にすぎないが、自動車のCO2(二酸化炭素)排出量の約4割を占める。

それだけに、今回どのような目標が示されるかが注目を集めていた。>>記事の続きはこちら。

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT