エーザイ「認知症薬」でついに最終関門をクリア

紆余曲折を経てアメリカの食品医薬品局が承認

多くの関係者の注目を集める中、アメリカのFDA(食品医薬品局)がAlzheimer's Drug(アルツハイマー病治療薬)の承認を下した(編集部撮影)

一度は”死んだ”薬が日の目を見た。

アメリカの規制当局であるFDA(食品医薬品局)は6月7日、製薬大手・エーザイとアメリカのバイオジェン社が共同開発していたアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」の製造販売を承認した。

世界で初めて、アルツハイマー病の原因に直接働く治療薬が誕生したことになる。エーザイの内藤晴夫CEOは「アルツハイマー病治療の歴史に新たな1ページを開くことができたことを大変嬉しく思う」とコメントした。

国内におよそ500万人いる認知症患者のうち、アルツハイマー病はその約7割を占めている。世界には5000万人の患者がいるとされ、今後も増え続ける。アルツハイマー病の患者とその家族にとって朗報なのはもちろん、エーザイにとって、巨大市場で新薬の開発に成功した経営上のインパクトは計り知れない。

バイオジェンの株価は7日に約40%も上昇し、8日は日本でエーザイの株に買い注文が殺到した。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「エーザイ 認知症との闘い」では以下の記事を配信しています。

エーザイが「認知症薬」で突破した最終関門

「認知症」を知るための基本のキ

認知症の根本的な治療に「3つの攻め手」

世界中の大手が挫折する認知症薬開発

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT