三菱商事が「利益4位」の逆風下で見いだす成果

中期戦略は最終年度、垣内社長の任期はあと1年

減益となったが「成果は出てきた」と述べた垣内威彦社長(撮影:今井康一)
原料炭や自動車の不振などが重なり、業界トップであり続けた三菱商事の純利益は2021年3月期で4位に沈んだ。
今期は中期経営計画の最終年度に当たり、垣内社長の任期はあと1年。次の世代にバトンをつなぐために何が必要か。垣内社長は「社員全員の意識を変えるのがすごく大事だ」と危機感を示した。

 

──2021年3月期決算は大幅な減益でした。

責任を重く受け止めている。巡航速度を純利益5000億円とすれば、これは当社にとってボトムの数字だ。

市況などで好条件がそろえば9000億円まで上振れすることもありえる。現在はオーストラリアと中国の関係悪化による原料炭価格の低迷が大きく利益を圧迫している。

資源ショックで赤字となったのが2016年3月期だ。その直後に社長に就任し、市況が悪化しても赤字にならないポートフォリオを目指してきた。減益とはいえその成果は出てきたと思っている。

──社長の任期は残り1年ですが、目下の課題は。

当社では(食品産業、金属資源といった)グループが独立した経営をしている。そのため、どうしても横の連携をとりにくかった。しかし、地政学リスクへの対応やDX(デジタルトランスフォーメーション)などは横で連携して構想しないとうまくいかない。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスのデジタル特集「商社 大転換」では以下の記事を配信しています。

3分でわかる「5大商社」の最新序列

伊藤忠商事社長
「後は見ない。すべてを懸けて走る」

住友商事社長
「最高益達成の根拠は見えている」

丸紅社長
「イケイケの空気を作ってはいけない」

三井物産社長
「エネルギーの大転換は大チャンス」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT