丸紅の社長が強烈に警戒する「イケイケの空気」

不動とみられてきた5大商社の序列が変化している

昨年は「緊張感を持ちながら予算を作った」という丸紅の柿木真澄社長(撮影:梅谷秀司)
2019年度は海外事業投資の減損から過去最大の赤字となった。だが、丸紅はコロナ禍でも2020年度は堅調な業績をあげた。海外出張ができない中、国内を丹念に見回ったことで柿木社長は自信を深めたという。

 

――2021年3月期は純利益ベースで商社業界で3位につけました。

2020年のいまごろはコロナ禍でこのまま坂を転げ落ちるのか、2年連続で信頼を裏切ったら投資家の「丸紅離れ」が進むと、緊張感を持ちながら予算を作った。いちばん時間をかけた予算づくりだったと思う。

とにかく衛生管理を徹底して、工場を止めない。そういう基本的なことを大切にしたことでうまくいったビジネスがいくつもある。例えば、私も訪れたことがあるアメリカのクリークストーン社(牛肉の処理加工事業)は、工場なのかというぐらい密な作業現場だ。

だが、感染防止策を講じたことで操業を継続することができた。気がつけば、業績もきれいなV字回復を果たすことができた。各現場で頑張ったグループ社員には感謝の気持ちでいっぱいだ。

――足元の鉄鉱石の高騰などを踏まえると、2022年3月期の純利益2300億円(前期実績は2253億円)という計画は保守的では?

>>記事の続きはこちら

デジタル特集「商社 大転換」では以下の記事を配信しています。記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

3分でわかる「5大商社」の最新序列

伊藤忠商事社長
「後は見ない。すべてを懸けて走る」

三菱商事社長
「社員全員の意識を変える」

三井物産社長
「エネルギーの大転換は大チャンス」

住友商事社長
「最高益達成の根拠は見えている」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT