京セラ、生産設備に過去最高1700億円投じる事情

進む生産現場の意識改革、縦割り打破なるか

ロボットが加工機(写真奥の白い箱形の機器)内に自動で材料を装着する(記者撮影)

電子部品大手の京セラが攻勢を強めている。

「今期(2022年3月期)は過去最高の売り上げを狙えると思うし、これから3、4年は(過去最高の売り上げが)続く」

京セラの谷本秀夫社長は自信に満ちた表情で語る。2022年3月期の売上高は前期比13.3%増の1兆7300億円、営業利益は同65.6%増の1170億円を見込む。増収増益が実現すれば2014年3月期以来、実に8年ぶりになる。

好業績の背景にあるのは、世界的な半導体や電子部品需要の高まりだ。京セラの主力製品は半導体や電子部品を包んで保護する機能などを持つ「パッケージ」と呼ばれる部品で、パッケージの需給状況は「過去にないくらい逼迫している」(谷本氏)。これに対応するため、2022年3月期は過去最高の1700億円の設備投資を予定している。>>記事はこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「京セラ『デジタル工場』の衝撃」では以下の記事を配信しています。

京セラ流「デジタル工場」で目指す反転攻勢

インタビュー/京セラ・谷本秀夫社長

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT