婚活サービスを訝る人が知らない「成婚」のリアル

結婚した男女は今どこでどう出会っているのか

婚活自体の成婚率、実際のところは?(写真:metamorworks /PIXTA)
女性の活躍がめざましい現代。しかし、社会でキャリアを重ねる一方で、仕事と恋愛や結婚のバランスに悩みを抱える女性も増えている。金沢悦子氏、川崎貴子氏とともにトイアンナ氏が「結婚した男女の幸せ」について統計から分析した共著『やっぱり結婚しなきゃ!と思ったら読む本』。本書より一部を抜粋してお届けする。

出会いは「職場」「友人や家族の紹介」がツートップ

前回の記事(「結婚した男女が感じる『幸せ』『不幸せ』のリアル」6月9日配信)に続き、「結婚に期待しすぎない。でも、結婚っていろいろあっても満足らしい」というメッセージを得たところで、次に結婚した人たち出会ったきっかけを見ていきましょう。

国立社会保障・人口問題研究所によると、出会った場所は「職場」「友人や家族の紹介」がツートップで、2つを合わせると過半数となります。アルバイト先も含めると、勤務地で出会う人が最も多いこととなります。

昨今は職場恋愛がセクハラとして訴えられやすいこともあり、なかなか積極的に動きづらい状況ではあると思います。また、リモートワーク(在宅勤務)の推進で、出会いも何も……という方もいらっしゃるでしょう。ですが、オフィスラブを無視するだけで、一大婚活市場を切り捨てているのと同じになるのです。

筆者もよく「結婚したいから、とにかく婚活しなくては」と息巻く方へ、まずは職場の男性のあり・なしを考えてみてください、というお話をさせていただきます。そうすると、「職場の男性はまったく好みではない」「結婚したいと思えない。そもそも、出会いにカウントできない……」という声を伺います。

しかしながら、職場にいる相手は自分と会社を選ぶ価値観が似ており、さらに給与や社会的バックグラウンドも似ていて、話が合いやすい相手のはずなのです。実は婚活の第一歩は「職場や学校の同級生など、周りをもう一度見渡す」ことから始まることも少なくありません。

次ページそれでも「職場恋愛否定派」はどうしたらいい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT