コンビニでビールを買うのは高いと思う人の盲点

量販店でまとめ買いすると単価は確かに安いが

レシートは自分の人生を映し出す鏡(写真:Graphs/PIXTA)
レシートは自分の人生を映し出す鏡。そこには買ったものと値段だけでなく、行動の履歴、自分の価値観がつまっています。書籍『レシートで人生を変える7つの手順 もらって、集めて、眺めるお金術』ではそのレシートを使った節約術を解説。実は量販店よりコンビニで買ったほうが安上がりになる場合もあるのです。

量販店だから安いとは限らない

コンビニエンスストアの商品はスーパーや量販店と比較して割高であることが多いです。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

そのため、

「量販店で割安に購入している!」

という工夫をしている人も多いかもしれません。

でも、量販店にも危険な落とし穴があります。単価は安くなるかもしれませんが、そもそもの購入量が多くなってしまうことがあるのです。

たとえば、ビール1缶をコンビニエンスストアで購入するよりも、量販店で箱ごと購入すれば、1缶当たりの金額は、格段に安くなります。でも、この「1缶当たりの金額が安くなったことで、気軽に消費できるようになったらどうでしょう?

たとえば、1缶当たりを半額で購入できたとしても、1日の消費量が倍以上になったら、1か月のビール代はかえって高くなります。

コンビニエンスストアで1日1缶購入して帰るということにしておけば、「1日1缶以上はやめよう」と思えても、量販店で購入すると、「安く買ってるんだし、たくさん飲んでしまおう!」と消費量もビール代総額も増えてしまう可能性があるのです。

そうなっては、本末転倒!

私は仕事が忙しいときにはオロナミンCをよくいただくのですが、量販店での買い置きはしないことにしています。量販店で購入すれば、1本当たりの額は安くなりますが、冷蔵庫に常備されると、消費量が増えてしまうからです。

面倒でも単価が高くなっても、1回1回、購入するのです。そうすれば、飲みすぎも防止できますし、無駄遣いも防止できます。

もし、1本を高く買うことで消費量を抑えることができるなら、それもまた、無駄遣いを減らす方法になるのです。

次ページ1本を高く買うことで消費量を抑えることができる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT