鉄鋼の海で動き回る“クジラ"の圧倒的な存在感

データビジュアルで見る中国鉄鋼メーカーの台頭

かつては日本の粗鋼生産量が世界でトップだった。写真は国内の製鉄所(編集部撮影)

世界の鉄鋼市況は中国勢の一挙手一投足が左右する。今や世界の粗鋼生産量の6割近いシェアを持つからだ。

1990年代半ばまでは粗鋼生産で日本が世界一だった。徐々に台頭してきた中国は1996年に日本を追い抜き、2000年代には生産量を激増させた。今や中国の生産量は日本の10倍以上ある。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「鉄鋼 急回復の深層」では以下の記事を配信しています。

データ/鉄鋼の海に“クジラ”がいる

鉄鋼業界に神風、強気の日鉄と警戒のJFE

鉄鋼メーカーに待ち受ける「2つの難題

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT