追い風が吹く鉄鋼業界に待ち受ける2つの難題

巨額赤字から急回復しているが気は抜けない

2023年9月末までに閉鎖する日鉄日新製鋼の呉製鉄所(広島県)(写真:日本製鉄)

2020年後半から需給が一変したことで鉄鋼業界に追い風が吹いている。日本製鉄、JFEホールディングスともに直近は2期連続の赤字だったが、2021年度は黒字化する見通しだ。

だが、日本製鉄やJFEに浮かれた様子はない。というのも、日本の鉄鋼業を取り巻く大きな構図は何一つ変わっていないからだ。

長年、日本の粗鋼生産量は約1億トンあり、このうち国内に6割、輸出に4割振り向けられてきた。国内向けは高齢化と人口減少で長期的には縮小が避けられない。輸出向けは、この先、圧倒的な生産能力を持つ中国が輸出に本腰を入れた場合、大きな影響を受けることが見込まれている。

こうした危機感が、各社を国内製造拠点の再編に走らせてきた。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
デジタル特集「鉄鋼 急回復の深層」では以下の記事を配信しています。

データ/鉄鋼の海に“クジラ”がいる

鉄鋼業界に神風、強気の日鉄と警戒のJFE

鉄鋼メーカーに待ち受ける「2つの難題

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT