政府「ワクチン新戦略」でも国産品普及に残る壁

承認ルールの「煩雑さ」を今度こそ解消できるか

出遅れを取り戻すための必須条件とは(写真:共同通信)

「純国産ワクチン」の実用化に向けた動きが慌ただしくなってきた。

6月1日、政府はワクチンの開発・生産体制を強化する戦略を閣議決定。そこで強調されたのは、国産ワクチンの重要性だ。これまで手薄だった開発・生産体制の強化や、現在は大規模試験が必須である承認ルールの見直しにも言及した。

実はすでに、ワクチンを開発する製薬大手・塩野義製薬は5月10日に行った2020年度決算会見で、従来のスケジュールを前倒しし、開発品の年内提供開始を目指すという見通しを発表していた。当局による承認ルールの見直しを先取りしてのことだ。

これまで、実用化において完全に視界不良だった国内メーカーにとって承認ルール見直しは朗報。塩野義を含め、ワクチン開発を進める国内メーカーにはようやく実用化の道筋が見えてきそうだ。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ワクチン敗戦」では以下の記事も配信しています。

コロナワクチン「国産」が出遅れた根本原因

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT