「2代目古畑任三郎」が到底実現しない根本的理由

なぜ田村正和さんの古畑は今なお支持されるのか

あの偉大な名作を演じた田村正和さんの姿が強烈な記憶として刻み込まれている人は少なくないでしょう(写真:東京スポーツ/アフロ)

田村正和さんの訃報は、5月19日の朝。人々の驚きと悲しみは大きく、翌20日と21日には早くも「田村正和さん追悼特別番組 古畑任三郎」(フジテレビ系)が放送されました。さらに関東エリアでは6月3日から1週間にわたって「古畑任三郎 傑作選」を放送し、関西エリアでも5月24日から再放送されていた「第3シリーズ」に続いて「古畑任三郎 傑作選」が放送されます。

訃報から約2週間、ネット上には田村正和さんへの追悼と、「古畑任三郎」への絶賛の言葉が飛び交い続けました。そんな反響の大きさを受けてか、ネット上に「田村正和さん死去で『2代目古畑』計画が浮上 本命は阿部寛か」(女性自身)という記事がアップされ、波紋を呼んでいます。

しかし、記事のコメント欄には、「田村さん以外の役者さんには絶対にやってほしくない」「2代目古畑はありえない」「放送前からブーイングの嵐になる」などと、ほぼ批判一色でした。なぜ“2代目・古畑任三郎”は難しいのでしょうか。それでも実現する可能性はあるのでしょうか。

三谷幸喜が「古畑」の今後に言及

「古畑任三郎」は、それまで刑事役のオファーを断っていた田村さんが「これまでの刑事ドラマとは異なる脚本が面白いから受けた」ことが明かされています。つまり、脚本ありきの作品であり、田村さん亡き今、「2代目・古畑任三郎」は、脚本家の三谷幸喜さん次第と言ってもいいでしょう。

その三谷さんは朝日新聞で連載している「三谷幸喜のありふれた生活」というエッセーで、「古畑を僕に書かせてくれたのは、紛れもなく田村さんです。田村さんがいなくなってしまった今、古畑任三郎が事件現場に戻ってくることはもうありません」と断言。さらに、「古畑の新作はもう作られることはない。(中略)古畑が登場する小説版を僕が書いてもいい。田村さんの演技を想像して読むことで、俳優田村正和と古畑任三郎は、生き続ける」と2代目・古畑は存在しえないことを明らかにしました。

次ページ別の主人公で同形式の倒叙ミステリーがあったとしても
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT