鉄鋼業界に神風、強気の日本製鉄と警戒のJFE

2期連続の赤字からたちまち業績が回復へ

日本製鉄が「トンネルは抜けつつある」というほど鉄鋼大手の回復が顕著だ(写真:日本製鉄)

苦境にあえいでいた鉄鋼大手の業績が急回復している。

5月7日の決算発表の席上、日本製鉄の橋本英二社長は「トンネルは抜けつつある」と収益体質の改善に自信を示した。

2019年度はアメリカと中国の摩擦激化による世界経済の失速で鉄鋼需要が減退、一部製鉄所の採算が悪化したことで1000億円単位の減損計上を余儀なくされた。一方、2020年度は固定費の軽減から黒字化を期していた。

しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が巻き起こった。自動車など主要顧客が大幅減産を行い、日鉄、JFEホールディングスとも鉄を作る高炉の一時休止に追い込まれた。2020年度の4~6月期は生産数量が前年同期比で3割減となった。

巨大な装置産業である鉄鋼業でここまで落ち込むと利益の出しようがない。2期連続で1000億円単位の大赤字になるかと思われた。

ところが、神風が吹いた。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「鉄鋼 急回復の深層」では以下の記事を配信しています。

データ/鉄鋼の海に“クジラ”がいる

鉄鋼業界に神風、強気の日鉄と警戒のJFE

鉄鋼メーカーに待ち受ける「2つの難題」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT