「打倒アイコス」、加熱式新商品に託すJTの命運

大リストラ、上場来初の減配に踏み切って挑む

JTは加熱式たばこ「プルーム」シリーズ(右)の新商品を今夏投入し、アイコスの後塵を拝している加熱式の市場での巻き返しを狙う(左:尾形文繁、右:編集部撮影)

「『IQOS(アイコス)』と比べても商品の出来に自信はある」

日本たばこ産業(JT)の寺畠正道社長が、そう力を込める商品がある。今夏に発売する「Ploom X(プルーム・エックス)」だ。火を使わず、煙や灰の出ない加熱式たばこの新製品となる。

紙巻きたばこで世界シェア4位、日本国内ではシェア1位。そのJTが、加熱式たばこ市場で追い詰められている。

直近5年で急拡大した加熱式は現在、国内たばこ市場全体の約3割にまで成長している。だが、日本の加熱式たばこ市場における圧倒的強者は、シェア7割を握るアメリカのフィリップ モリス インターナショナルの「アイコス」。対してJTの「プルーム」シリーズは1割にすぎない。

プルーム・エックスはまさにJTが起死回生を狙う商品。同時に、海外での規格を考慮した「初のグローバルモデル」になる。JTが紙巻きたばこで3割超のシェアを握るロシアでも、展開することが決まっている。

プルーム・エックスの開発には、寺畠社長自ら「たばこ事業本部長」として携わってきた。

寺畠社長は2020年1月から同本部長を兼任。東京のJT本社にある国内たばこ事業と、海外たばこ事業を管轄するスイス・ジュネーブの子会社の双方が持つR&D(研究開発)機能をとりまとめ、一体化させた。その後、たばこの開発体制は大きく変わった。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「JT 背水の選択」では以下の記事も配信しています。

JT寺畠社長「たばこ事業は評価も給与も海外と統一する」

親子世代でこれだけ違う「喫煙事情」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT