「打倒アイコス」、加熱式新商品に託すJTの命運

大リストラ、上場来初の減配に踏み切って挑む

JTは加熱式たばこ「プルーム」シリーズ(右)の新商品を今夏投入し、アイコスの後塵を拝している加熱式の市場での巻き返しを狙う(左:尾形文繁、右:編集部撮影)

「『IQOS(アイコス)』と比べても商品の出来に自信はある」

日本たばこ産業(JT)の寺畠正道社長が、そう力を込める商品がある。今夏に発売する「Ploom X(プルーム・エックス)」だ。火を使わず、煙や灰の出ない加熱式たばこの新製品となる。

紙巻きたばこで世界シェア4位、日本国内ではシェア1位。そのJTが、加熱式たばこ市場で追い詰められている。

直近5年で急拡大した加熱式は現在、国内たばこ市場全体の約3割にまで成長している。だが、日本の加熱式たばこ市場における圧倒的強者は、シェア7割を握るアメリカのフィリップ モリス インターナショナルの「アイコス」。対してJTの「プルーム」シリーズは1割にすぎない。

プルーム・エックスはまさにJTが起死回生を狙う商品。同時に、海外での規格を考慮した「初のグローバルモデル」になる。JTが紙巻きたばこで3割超のシェアを握るロシアでも、展開することが決まっている。

プルーム・エックスの開発には、寺畠社長自ら「たばこ事業本部長」として携わってきた。

寺畠社長は2020年1月から同本部長を兼任。東京のJT本社にある国内たばこ事業と、海外たばこ事業を管轄するスイス・ジュネーブの子会社の双方が持つR&D(研究開発)機能をとりまとめ、一体化させた。その後、たばこの開発体制は大きく変わった。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「JT 背水の選択」では以下の記事も配信しています。

JT寺畠社長「たばこ事業は評価も給与も海外と統一する」

親子世代でこれだけ違う「喫煙事情」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT