サッカー「ヘディング」が子どもの脳に与える影響

認知症等による死亡率が3.5倍との調査結果も

サッカーの練習で「ヘディング」をする年齢などが見直されています(写真:CHANTO WEB編集部)

お子さんがスポ少や地域のクラブでサッカーをしている……というママ・パパは全国にたくさんいらっしゃると思います。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

サッカーの技の1つに頭でボールをパスしたりシュートしたりする「ヘディング」がありますが、ここ数年、世界的に、子どもにはヘディングをさせないように……という動きが高まってきました。

日本サッカー協会も、2021年に入りガイドラインを設定。ヘディング練習を始める年齢や回数の制限、柔らかいボールを使用した練習を推奨といった対策を打ち出しています。

いったいどのような内容なのか、海外・国内あわせて状況を見ていきましょう。

ヘディングにはどのような懸念があるのか

サッカーでヘディングをするときには、時速数十キロで飛んできた410~450gのボールを頭で受けることになります。

このときに「脳震盪(のうしんとう)」が起こる可能性があり、意識を失ったり、フラフラしたり、記憶が消失したりするほか、頭痛や吐き気などの症状も表れます。中には数日間から2週間も上記のような症状が出る選手もいて、その間、脳へのダメージが続いていることがわかります。

さらに、その状態でプレイして再び脳震盪が起こると症状が重くなる傾向もあるそうです。

ヘディングを含めたサッカーによる頭部へのダメージが、将来、脳に与える影響を調査した研究もあります。

英グラスゴー大学の研究チームが2019年10月に発表した研究結果によると、元サッカー選手(男性)が認知症などの神経変性疾患で死亡する可能性は、一般の人より約3.5倍高いことがわかり、直接的な因果関係は見つかっていないものの、ヘディングやそれにまつわる事故が関連しているのではないかと見られているそうです。

成長期の子どもはさらに脳にダメージを受けやすく、ある程度骨格や頭の大きさが完成するまではヘディングを避けるべきではないか……という意見は20年以上前から出ていたと言うことです。

次ページ海外での子どものサッカー、ヘディング事情は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT