サッカー「ヘディング」が子どもの脳に与える影響

認知症等による死亡率が3.5倍との調査結果も

サッカーの練習で「ヘディング」をする年齢などが見直されています(写真:CHANTO WEB編集部)

お子さんがスポ少や地域のクラブでサッカーをしている……というママ・パパは全国にたくさんいらっしゃると思います。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

サッカーの技の1つに頭でボールをパスしたりシュートしたりする「ヘディング」がありますが、ここ数年、世界的に、子どもにはヘディングをさせないように……という動きが高まってきました。

日本サッカー協会も、2021年に入りガイドラインを設定。ヘディング練習を始める年齢や回数の制限、柔らかいボールを使用した練習を推奨といった対策を打ち出しています。

いったいどのような内容なのか、海外・国内あわせて状況を見ていきましょう。

ヘディングにはどのような懸念があるのか

サッカーでヘディングをするときには、時速数十キロで飛んできた410~450gのボールを頭で受けることになります。

このときに「脳震盪(のうしんとう)」が起こる可能性があり、意識を失ったり、フラフラしたり、記憶が消失したりするほか、頭痛や吐き気などの症状も表れます。中には数日間から2週間も上記のような症状が出る選手もいて、その間、脳へのダメージが続いていることがわかります。

さらに、その状態でプレイして再び脳震盪が起こると症状が重くなる傾向もあるそうです。

ヘディングを含めたサッカーによる頭部へのダメージが、将来、脳に与える影響を調査した研究もあります。

英グラスゴー大学の研究チームが2019年10月に発表した研究結果によると、元サッカー選手(男性)が認知症などの神経変性疾患で死亡する可能性は、一般の人より約3.5倍高いことがわかり、直接的な因果関係は見つかっていないものの、ヘディングやそれにまつわる事故が関連しているのではないかと見られているそうです。

成長期の子どもはさらに脳にダメージを受けやすく、ある程度骨格や頭の大きさが完成するまではヘディングを避けるべきではないか……という意見は20年以上前から出ていたと言うことです。

次ページ海外での子どものサッカー、ヘディング事情は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT