9割の日本人が驚愕「これがアフリカなのか!」

新幹線、テックベンチャー、巨大プロジェクト…

ケニアのナイロビ─モンバサ間を結ぶ「ナイロビ新幹線」(写真:AAIC)
15分以内に輸血用血液バッグを運ぶドローン、銀行口座がなくてもキャッシュレス決済、どんな田舎でも受診できるAI医療診断、東アフリカ主要国の首都を結ぶ高速鉄道、西アフリカのドバイを造る2000億円プロジェクト。すべて、アフリカで実施されていることです。ほかにも、爆発的な人口増加、中位年齢19歳、テックベンチャーの躍進、キャッシュレス化率90%、新幹線の開通、ショッピングモールの登場など、驚きの事実があります。アフリカはいま、かつて日本や中国、インドが歩んできた道を、加速度をつけて突き進んでいます。
超加速経済アフリカ』を上梓した、アジア・アフリカのスペシャリストの椿進氏が、教科書では学べない、テレビや新聞にも書かれていない、アフリカのいまについて解説します。

加速度的に発展するアフリカ

アフリカと聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか。

『超加速経済アフリカ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

もしかして、テレビのニュースで時折流れてくるスラムや飢餓、また内戦ではないでしょうか。

もちろん、それもアフリカの一端ではあるのですが、ほんの一部であることを多くの日本人は知りません。

ほとんどメディアは、リアルなアフリカの姿を伝えていません。

そこで一般の方に向けて、今のアフリカ、日本人に知られざるアフリカについて知ってほしいとずっと思ってきました。

例えば、次の問いの答えがわかりますか?

問1 ナイロビ新幹線のナイロビ─モンバサ間の距離は?
① 180km(東京─静岡相当)
② 340㎞(東京─名古屋相当)
③ 470㎞(東京─京都相当)
問2 ケニアの普通のOLが髪にかける費用は日本円でいくら?
① 月額1000~2000円
② 月額2000~3000円
③ 月額5000円~1万円
問3 ナイジェリア最大級の開発プロジェクトの規模は?
① 豊洲ららぽ〜とのサイズ(約6.7ha)
② 東京ディズニーリゾートのサイズ(約49ha)
③ 東京都千代田区のサイズ(約1000ha)
*答えは、この記事の最後に掲載しています。
次ページこれまでの印象とはまったく異なる「今」のアフリカ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT