黒字宣言のANA、予想を控えたJALの根本的な違い

巨額赤字の転落からどんな展望を描くのか

航空需要の激減で大赤字に沈んだANAとJAL。黒字浮上を先に果たすのはどちらか(撮影:尾形文繁)

コロナ影響で航空需要が激減し、今なお回復の展望が不透明な中、2021年度の業績見通しで両社の対応が大きく分かれた。ANAホールディングスは黒字予想を出し、日本航空(JAL)は業績予想の開示を見送ったのだ。

JALよりも先に4月30日に決算発表を行ったANAは、2021年度に売上高1兆3800億円(前期比89%増)、営業利益280億円(前期は4647億円の赤字)という予想を出した。巨額の赤字から一転、黒字化のV字回復シナリオを描く。

この計画は独自の需要予測に基づいている。最大のポイントは、今年夏以降の国内線で急回復をみているところにある。

東洋経済プラスの連載「航空異変」で、この記事の続きが無料でお読みいただけます。連載では以下の記事も配信しています。

「大赤字」ANAとJALの格差

JALの金庫番が明かす「大型増資」の舞台裏

JAL、巨額公募増資の胸算用

ANAが迎える正念場

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT