夏休み控え海外旅行者の受け入れに動く欧州諸国

国ごとに基準異なり出入国ルールはまるで迷路

欧州諸国は新型コロナウイルス感染拡大防止で講じてきた出入国規制を徐々に撤廃し、夏にギリシャやスペイン、イタリアを観光旅行する計画をようやく立てる機会が提供されつつある。

英国は海外レジャー旅行を解禁、行き先をリスク色分け

ここ1週間に英国は海外レジャー旅行を解禁し、行き先のリスクを交通信号と同じように色分けし、それに応じてコストや煩雑さも異なる方式を導入した。主要国のうち現時点で「青」信号であると同時に英国人を歓迎してもいるのはポルトガルが唯一だ。

欧州連合(EU)もワクチン接種済みか感染から回復した人、検査で陰性だった人を対象に域内の自由な旅行を促進する計画を進めており、向こう1、2週間以内に実施される可能性がある。全てのEU諸国は7月1日からアプリを使うか印刷された証明書の受け入れが義務付けられる。

米国など非EU諸国からの渡航者は、EU医薬品当局や世界保健機関(WHO)が承認したワクチンの規定回数接種から14日以上経過した場合は近く入国が認められる。ギリシャやキプロス、イタリアなど一部の国は既に、ワクチン接種済みか検査陰性などの渡航者に対し欧州以外からも含めて門戸を開いている。

次ページ出入国ルールはまとまり欠き、目まぐるしく変更される
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT