相次ぐショップ撤退…「渋谷」は終わったのか?

若者文化の発信地から没落、止まらない再開発

ショップの撤退に再開発の加速。若者文化の発信地から“没落”する渋谷の実像に迫る
『東洋経済プラス』では「渋谷」をテーマに、無料記事の特集を展開。セレクトショップの撤退や再開発の動向、IT集積地「ビットバレー」の再興といった切り口で、大きく変わる街の実像に迫る(以下の記事が無料でお読みいただけます)。

①さらば「ファッションの聖地」
セレクトショップ撤退の大異変

「渋谷は本当につまらない街になってしまった」――。アパレル企業の首脳は、大規模な再開発が進む渋谷の現状に失望感をあらわにする。

「渋カジ」や「コギャル」を生み出し、若者の流行の発信地として知られてきた渋谷。そのファッションの聖地が今、大きな岐路に立たされている。>>記事はこちら

②若者に照準を定めない再開発
なぜ商業施設は「大人化」を目指す?

近年、開業・リニューアルした「渋谷スクランブルスクエア」「渋谷PARCO」「東急プラザ渋谷」――。実は、このいずれの施設も「若者」に照準を定めてはいない。

東急プラザ渋谷が40代以上を意識したテナント構成で臨むなど、「若者の街・渋谷」はいつの間に大人の街になったのか。>>記事はこちら

③サイバー藤田・DeNA南場時代から20年…
元祖IT発信地、「ビットバレー」再興の理由

渋谷に本社を置くミクシィ、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、GMOインターネットの4社は企業の垣根を超えてIT産業を盛り上げる取り組みとして、「SHIBUYA BIT VALLEY(シブヤ・ビットバレー)プロジェクト」を立ち上げた。

みるみる形を変えていくこの街を”本拠地”とするIT・インターネット企業群が、時代の要請に合わせた変化を模索する最前線を取材した。>>記事はこちら

④東京23区で初の副業人材活用
「よそもの」が担う行政革命

渋谷区は今年2月から副業人材の募集を開始した。原則リモートワーク、居住地区も問わないといった条件で募ったところ、692人が応募。都内在住者だけではなく、地方やシンガポールなどからも申し込みがあった。東京23区で副業人材を活用するのは、渋谷区が初めてだ。

この副業人材が手がけるスタートアップ支援は、自身を「よそもの課長です」と表現する異色の人材によって率いられていた。>>記事はこちら

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT