「謝罪会見で号泣」ある公務員が抱えた深い後悔

漫画「僕、いますよ。」第1話

若き市役所職員が繰り広げる組織内サバイバルレッスンをお届けします
この記事の画像を見る(21枚)

地方市役所の公園課に勤める若き公務員、山田一郎(やまだいちろう)。

『僕、いますよ。(1)』(書影をクリックすると、集英社コミック公式 S-MANGAにジャンプします)

ピクリとも動かぬマンネリ組織にもどかしさを感じつつ、コツコツ働いていたある日。山田が把握していたある案件で、市民が巻き込まれるとんでもない事故が発生してしまう。

役所の現状に危機感を覚え、奮起する一郎。そんな彼に、型破りな市長が目をつけるのだが――。

私たちはいったい何を考え、どう仕事と向き合い、働いていくべきなのか。

『サラリーマン金太郎』など数々のヒットを生み出してきた本宮ひろ志さんによる話題作。『僕、いますよ。』(集英社)より一部抜粋して、ご紹介します。

第一話「公園課」

©本宮ひろ志/集英社
次ページ公園内を歩いていると
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT