「謝罪会見で号泣」ある公務員が抱えた深い後悔

漫画「僕、いますよ。」第1話

若き市役所職員が繰り広げる組織内サバイバルレッスンをお届けします

地方市役所の公園課に勤める若き公務員、山田一郎(やまだいちろう)。

『僕、いますよ。(1)』(書影をクリックすると、集英社コミック公式 S-MANGAにジャンプします)

ピクリとも動かぬマンネリ組織にもどかしさを感じつつ、コツコツ働いていたある日。山田が把握していたある案件で、市民が巻き込まれるとんでもない事故が発生してしまう。

役所の現状に危機感を覚え、奮起する一郎。そんな彼に、型破りな市長が目をつけるのだが――。

私たちはいったい何を考え、どう仕事と向き合い、働いていくべきなのか。

『サラリーマン金太郎』など数々のヒットを生み出してきた本宮ひろ志さんによる話題作。『僕、いますよ。』(集英社)より一部抜粋して、ご紹介します。

この記事の漫画を読む(20ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT