何を聞いても子どもが「忘れた」と返事する理由

上手に様子を知る方法と注意すべきケースとは

学校でのことをあまり話さないわが子……何か困っていないか少し心配(写真:CHANTO WEB編集部)

各地の小学校では、入学式や新学期スタートから1週間ほど過ぎ、子どもたちも少しずつ新しい環境に慣れてきた頃ですね。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

そんな中、新1年生のママ・パパは、わが子は小学校で毎日ちゃんとやっていけているのか、何か困っていないかととくに気になっていることと思います。

ただ、同じ1年生でも、今日あったことや先生のこと、友達のことをうるさいくらい話してくれる子もいれば、何を聞いても「楽しかった」「わかんない」程度しか話してくれない子もいます。

保育園のようにお迎え時に昼間の様子を聞けたり、連絡帳を事細かに書いてもらえたりするわけではないので、子ども本人から話が聞けないと少し不安になってしまいますよね。

また、新入生でなくても、学校のことが分からないのはどこか心配なもの。

そこで今回は、お子さんが家で学校の話をしない理由や、様子を知るためのおすすめの方法を紹介します。

「入学以来ずっと聞かないと話さないし、なんなら聞いても話さない」なら

小学生のお子さんが、自分から学校のことを教えてくれないばかりか、

「今日は学校でどんなことした?」

「給食おいしかった?」

などとと聞いても、

「忘れた」

「勉強した」

しか返ってこない…。

そう嘆くママ・パパもいることと思います。

次ページ日々の表情や態度の変化を見逃さないように見守る
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT