三面鏡で顔を普段見ない人に知ってほしい視点

そこに映っているのが他人から見えた自分の姿

こまめに鏡を見て、自分の笑顔をチェックしよう(写真:Ushico/PIXTA)

新型コロナの影響で、「ステイホーム」が当たり前になった昨今。誰にも見られないからといって、自分磨きを怠っていませんか? ドキッとした方は要注意! なぜなら美人は、毎日の「習慣」によって作られるからです。人気メンタルコーチ、ワタナベ薫さんの『美人は「習慣」で作られる。』は、愛され続ける女性になるための「習慣」が盛りだくさんの一冊。いくつかご紹介しますので、ぜひ今日から取り入れてみてください!

※この本は2014年7月に刊行されたものです。

今こそ見直したい「三面鏡」の機能

どんなに頑張っても、自分の肉眼で自分の顔を見ることはできません。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

昔、鏡といったら三面鏡だったような気がしませんか? 母の鏡台は三面鏡でした。いつしか三面鏡は昔ほど活用されなくなったように感じます。

そんな中、偶然に友達の家に三面鏡があり、大人になってから、久々にそれで顔を見る機会がありました。そのとき、自分の視点からは決して見ることができなかった角度の自分の横顔を見て、「どわわわわーっ! 何この顔ぉぉぉぉ~っ!」と叫んだのを覚えています。

驚きました。あまりの自分の横顔の平坦さに。とくに、鼻の低さにはビックリ。普通の鏡ですと、正面からしか見えないので、鼻が低いなどとは、今まで一度も思ったことがなかったのです。ちなみに、家族の中でいちばん鼻が低いことも三面鏡でわかりました。

三面鏡は、自分の目では確認できない角度から自分を見ることができる最強のツール。三面鏡でショックを受けようよ、ということを言いたいのではなくて、客観的な視点から自分の顔の長所と欠点を知り、メイクやヘアスタイルなどでカバーできることはしてみよう、ということなのです。そうです、まずは自分を知ることなのです。

私はこの三面鏡による、自分の顔の平坦さに気づいてからというもの、ハイライトは欠かさずするようになりました。ハイライトとは、顔の凹凸を目立たせるために、高く見せたいところに明るいパウダーをのせ、光を集めるメイク法です。目の錯覚により、低い鼻でもちょっと高く見えたりします。

次ページ鏡は長所も短所も正直に教えてくれる大切な友
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT