「レクサス変革」の第1弾となる新型ESの全貌

初公開の場を上海モーターショーにした狙い

今回、公開されたのはレクサス「ES300h」と「ES260」の2モデル(写真:トヨタグローバルニュースルーム)
この記事の画像を見る(78枚)

レクサスは2021年4月19日、同社のミドルクラスセダン「ES」の新型モデルを上海モーターショー2021で世界初公開した。

ESは、1989年にレクサスブランドが誕生したときからある歴史の長いモデルで、これまでに80以上の国や地域で累計約265万台を販売しているレクサスラインナップの基幹モデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

余談だが、かつて「カムリプロミネント」「ウィンダム」として日本国内で販売されたモデルは、レクサスブランドが展開される以前に販売されたESの国内仕様である。

レクサスインターナショナルプレジデント兼チーフ・ブランディング・オフィサーの佐藤恒治氏は、新型ESのワールドプレミアを上海モーターショーに決めた理由について、「2020年の中国におけるレクサスの販売は、過去最高の22万台となり、グローバルでの販売を牽引。レクサス事業の大きな柱となっているから」と説明した。

「レクサスの原点」を追求したアップデート

今回発表された新型ESは、「新型モデル」と発表されてはいるが、2018年に登場した通算7代目となるESのビッグマイナーチェンジである。

発表によると、レクサスの原点である優れた静粛性と乗り心地の向上を実現し、快適性をさらに磨き上げ、同時にあらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ちよさなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答が追求されたという。

「ES260 F SPORT」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

走行性については、レクサス独自の手法によるリアサスペンションメンバーブレースの剛性アップにより、高速でのレーンチェンジといったシーンにおける操縦安定性を向上。

加えて「F SPORT」に新型のアクチュエーターを用いた最新のリニアソレノイド式AVS (Adaptive Variable Suspension system)を採用することで、減衰力の可変幅を広げ、乗り心地と操舵応答性や安定性が両立された。

ほかにも、リアサスペンションメンバーブレースを1枚板による構造から2枚の板を合わせた構造に変更することで剛性を向上するなど、走りの質感アップに注力されている。

次ページブレーキペダルの形も変えた
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT