「吉祥寺で2000万の戸建て」に隠された落とし穴

漫画「正直不動産」(37話)

カスタマーファーストの女性営業・月下。2カ月連続ノルマが達成できていない月下はついに部長から「今月達成できなかったらクビ」と言われてしまうが……!?

不動産会社・登坂不動産のエース営業である永瀬財地(ながせ・さいち)、35歳。「売るためだけ」の情報を顧客に伝え、時にはうそもいとわない口八丁ぶりで、圧倒的な売り上げをたたき出してきた。

『正直不動産(11)』(小学館)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

だが、ある地鎮祭で祠と石碑を壊して以来、事態は一変。何かの祟りなのか、「うまくうそがつけない」体に変貌してしまったのだ。

真実は”千に三つ”とも言われる不動産業界で、”正直営業”しかできなくなった永瀬は大苦戦するが……?

建築条件付土地、任意売却、三為業者――。人生最大の買い物である「家」にまつわる不動産業界の真実をさらけ出す、話題作『正直不動産』(小学館)より、一部抜粋してお届けします。

 

この記事の漫画を読む(25ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT