「ゴキブリが突然出る家」がふさぐべき侵入経路

夏に活発化する前の今からできる害虫対策

気温が上がる春は、ゴキブリの卵が孵化する季節。数が少なく動きの鈍い幼虫のうちにしておくのが重要です(写真:マイカジ)
暖かく過ごしやすい陽気になり、気持ちも上向きになる春ですが、反面、冬は息を潜めていたあの害虫の発生が気になるという方は少なくないでしょう。 気温が上がる春は、まさにゴキブリの卵が孵化する季節。対策は、夏になる前の、数が少なく動きの鈍い幼虫のうちにしておくのが重要です。そこで、害虫防除の専門家である白井良和さんに侵入経路や最新の対策についてお聞きしました。

そもそもゴキブリはどこから侵入するの?

突然リビングに黒い影を発見して、悲鳴を上げた経験はありませんか。どこからともなく現れるゴキブリ。おもな侵入経路となる場所をお聞きました。

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

「マンションの場合、排水口から上がってくることが多いです。例えば、洗濯機の排水口、洗面台下の配管隙間などです。そのほかですと、窓の隙間、ドアの隙間です。ゴキブリは数mmの隙間でも侵入可能ですので、家中のいたるところに侵入経路があると思ってください」

(写真:マイカジ)

「ゴキブリを1匹見つけたら100匹いる」という噂を聞いたことはないでしょうか。白井さんいわく、この噂は当たっていることのほうが少ないとのこと。

「1匹だけ侵入している場合がほとんどだと思います。しかし、見つけた1匹を駆除したとしても、その後、防除対策は行ったほうがいいです」

次ページ重点的にゴキブリ対策を行いたい場所
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT