厚労省「銀座宴会」の参加者3人がコロナ感染

田村厚労相「改めてお詫び申し上げます」

先月、東京・銀座で宴会を行っていた3人を含む厚生労働省の職員らあわせて6人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

田村厚労相「改めてお詫び申し上げます。老健局職員であった6名が、新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました」

感染が確認されたのは、厚生労働省老健局の職員5人と、今月ほかの組織に転出した1人で、このうち3人は先月24日、銀座の居酒屋で深夜近くまで行われた職員23人による宴会に参加していました。残る3人は宴会には参加していませんが、2人が当時、宴会を行った課の職員で、1人は、課は異なりますが老健局の職員だということです。

感染が確認されたうち5人は、今月3日から6日にかけて39度の発熱などがあり、7日までに感染が確認されました。

また、この6人のほかに老健局の職員2人が発熱などの症状を訴えて、検査を受けたことも明らかになりました。

日テレニュース24の関連記事
京大・コロナ重症患者に生体肺移植手術
アストラ製と血栓の因果関係“研究が必要”
部下の女性にわいせつか“好きだと勘違い”
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT