サイバー攻撃を受けた企業が強いられる苦難

もしもの事態に備えて訓練する企業は少ない

サイバー攻撃があったとわかったとき、まず重要になるのが初動対応だ

「おたくのサービス利用者の個人情報リストを窃取した。これをダークウェブ(闇の取引市場)に流出させられたくなければ、10日以内に身代金を支払え」――。

サイバー攻撃者からのそんな連絡は、ある日突然やってくる。サイバーセキュリティにおける「インシデント」(事業継続に影響を与えかねない事件)は、今やどんな企業・組織にも起こりうる。コンピューターやネットワークと無縁の組織はもはや存在しないためだ。

加えてここ数年、マーケティングやサービス開発のために顧客情報を収集しビッグデータを構築する企業が増えている。泥棒たる攻撃者の側からすれば、「どの家に入っても、それなりの身代金が取れる“お宝”がある」という状態なのだ。

攻撃への対応は“総力戦”

インシデント対応を誤れば、その企業への社会的信頼は失墜しかねない。だが現状、サイバー攻撃を想定した準備や訓練等を行っている日本企業はごくわずか。攻撃を受けてから慌てふためくケースがほとんどだ。

外部からの攻撃がわかったときの対応は社長以下の経営陣、法務・人事・広報などの管理部門、サービスの開発・運用を行う事業部門、さらに外部専門家までを巻き込む”総力戦”となる。

もしインシデントが発生すれば、企業はどんな苦難にさらされるのか。順を追ってみていこう。

東洋経済プラスの連載「あなたの会社も狙われる! サイバーセキュリティの大問題」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。連載では以下の記事も配信しています。

日本企業の手薄な「セキュリティ戦略」

もしも「あなたの企業」が攻撃を受けたら

自動車業界に「セキュリティ強化」の難題

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT