「あの流出事件」から学ぶサイバー攻撃の教訓

日本でも多くの企業や公的機関が標的に

カプコンは2020年11月以降、不正アクセスに関するリリースを複数回発表している(撮影:風間仁一郎)

サイバー攻撃や不正アクセスの件数は、2019年に続き2020年も高い水準となった。インターネットにつながるモノやサービスが増えていることに加え、コロナ禍でテレワークが進んだことも要因だ。

2020年に発生した主なセキュリティのインシデント(事業継続に影響を与えかねない事件)から、企業はどんなことを学べるのか。セキュリティ対策に詳しいEGセキュアソリューションズの徳丸浩代表に解説してもらった。

ランサムウェアの攻撃

「従来は海外での事例が多かったが、日本の大企業がこうした形の攻撃に遭ったのは目新しかった」と徳丸氏が挙げるのが、ゲームソフト大手・カプコンが受けたサイバー攻撃だ。

2020年11月、カプコンは「ランサムウェア」による不正アクセス攻撃を受け、取引先や退職者、社員など約1万6000人、そして採用応募者約5万8000人の個人情報が流出した。個人情報以外にも、売り上げ情報や営業資料、開発資料、取引先情報も含まれていたことがわかっている。

ランサムウェアは、コンピューターウイルスなど悪意のあるソフトウェア(マルウェア)の一種だ。攻撃者は標的にした企業の社内ファイルを勝手に暗号化し、元通りにしたければ身代金を支払えと要求することが多い。

東洋経済プラスの連載「あなたの会社も狙われる! サイバーセキュリティの大問題」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。連載では以下の記事も配信しています。

日本企業の手薄な「セキュリティ戦略」

もしも「あなたの企業」が攻撃を受けたら

自動車業界に「セキュリティ強化」の難題

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT