高い偏差値を誇る人の就活が通用しなくなる訳

大学の根本的な価値が問い直されている

高偏差値の大学ブランドにおぶさった就活は意味をなさないものに……その理由とは?(写真:leolintang/iStock)
私大入学者全体の半数以上が一般受験ではなく、総合型選抜(旧AO入試)や推薦入試で入学しているということをご存じでしょうか。
Netflixで大人気の韓国の熾烈な受験戦争を描くドラマ『SKYキャッスル』でも「学力絶対主義の時代は終わったの」というセリフがあるほど、総合型選抜が世界のスタンダードになりつつあります。
延べ3万人以上の高校生を難関大合格に導いてきた、総合型選抜のプロである青木唯有氏の著書『親が偏差値思考をやめれば、不思議なほどわが子は伸びる』では、親子で新時代入試を乗り越える方策をご紹介しています。本書から一部抜粋して、試し読みをお届けします。

「学校歴はないが、学歴はある」

必要な能力を持った人財を、必要に応じて採用する」というジョブ型雇用への変化は、就活をする学生側に、「あなたは大学でどんなことを学んできたのか?」「あなたにはどんな強みや専門性があるのか?」を問うものになります。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

同時に、これまでの、「私は偏差値75で東大に入学しました」とか、「早稲田大学出身です」など大学ブランドにおぶさった就活は、急速に意味をなさないものになっていきます。ジョブ型雇用をする企業側にとっては、大学の名前よりも、何を学び、どんな専門性を持っているかの方が重要だからです。

こうした「何を学んだか?」が問われる時代を目の当たりにしますと、思い出されるのが、以前Twitterで目にした落語家の故・立川談志師匠の言葉です。

「自分には学校歴はないが学歴はある。落語学だったら早稲田や東大のように学校歴が高いやつを集めてきても負けやしない──」

談志師匠は16歳で高校を中退し、五代目柳家小さん師匠に弟子入りしたそうです。

「学校歴」を比べたら、早稲田卒や東大卒にはかないません。ですが16歳から落語の世界に身を置き続けてきたことで、落語が何たるかを身をもって学んできた。これこそが本当の「学びの歴史=学歴」であって、「学校歴」ばかり立派な人でも、こと落語に関しては自分にはかなわない、そういう意味であろうと思います。

次ページ大学に進学せず起業する理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT