意外と大変な子どもの「中間反抗期」の対処法

おおむね小学校「低学年から中学年」に見られる

子どもが大人になろうとしている時期の反抗期、親としてどう対処すればいいのか(写真:ペイレスイメージズ1(モデル)/PIXTA)

「イヤイヤ期」ともいわれる第1反抗期、思春期の第2反抗期。

どちらも大変だった……という人は多いと思いますが、実はその間に、「中間反抗期」と呼ばれる時期があることを知っているでしょうか。

やたらと口答えする、親の言うことよりも友達を優先する、外ではいい子なのに家では態度が悪いなど、「前はこんなじゃなかったのに……」と嘆くママは少なくないようです。

今回は、意外と知られていない「中間反抗期」について、時期や子どもの心理、親としてどう対処すればいいのかなどを考えます。

「中間反抗期」とは、いつからいつまで?

一般的に子どもの反抗期としてよく知られているのは、2歳~3歳ごろを中心とした第1反抗期と、12~13歳ごろから中学生にかけての思春期におこる第2反抗期です。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

どちらも精神的な成長の表れで、親としては大変な時期ですが、子どもにとっては必要な成長のステップでもあります。

しかし、実はその合間にもう1つの反抗期が存在し、「中間反抗期」と呼ばれています。

中間反抗期ははっきりと「○歳から○歳まで」と決められているわけではありませんが、おおむね小学校低学年から中学年にかけての時期で、個人差を含めると5歳頃から10歳頃までかなり幅広く見られます。

3歳頃までの「イヤイヤ期」が終わると「天使の4歳」がやってくる……という話もありますが、その後にはまた大変な時期が待っていると思うと、少しガックリしてしまいそうですね。

次ページ「中間反抗期」の特徴や原因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT