グーグル責任者が明かす脱クッキー広告の正体

個々人を特定せずともターゲティングを実現

グーグルは「クッキー」を使わない新たな広告ターゲティングの手法を開発。その中身についてプライバシーの責任者に直撃した(記者撮影)
アメリカのIT大手グーグルは2020年1月、同社が展開するウェブブラウザー「Chrome(クローム)」において、プライバシーの懸念を払拭すべく、広告のターゲティングに使われる「サードパーティークッキー」の利用を段階的に禁止することを発表した。クッキーによるターゲティングに頼ってきた広告業界は対応に追われている。
ただ、広告市場がしぼんでしまえば、広告収入が売上高の大半を占めるグーグルにも影響が出る。そこで同社はクッキーを使わない新たなターゲティング手法をネット広告に携わる各社とともに開発中だ。次第にその詳細も明らかになってきた。
新たな手法がどのような仕組みなのか、その狙いは何なのか。グーグルでアジア太平洋地域のプライバシー責任者を務めるジェシカ・マーティン氏に話を聞いた。

クッキーは「やりすぎている」側面もあった

――新たなターゲティング手法はどのように開発が進んでいるのですか。

グーグルだけでなく、広くウェブの開発者を巻き込んだ「プライバシーサンドボックス」と呼ばれるオープンな開発の枠組みを設けている。その中で技術のアイデアが提案され、支持が集まればプロトタイプを作り、試験運用が行われる。クロームだけでなく、ほかのブラウザーもここに参加してほしいと考えている。

サンドボックスの中では、興味・関心を基にしたターゲティング、過去に広告主のサイトに訪問した人を対象にした「リターゲティング」など、広告の目的別にそれぞれプライバシーを考慮した手法が開発されている。クッキーでは何がどこまで追跡されているかわからない状態だったが、今後は目的ごとに本当に必要なデータだけを使えるようにするのが狙いだ。

クッキー自体はよい技術だと思うが、(個人を追跡するという意味では)やりすぎている側面もあった。だからグーグルでは2020年、2年間かけてサードパーティークッキーの利用を禁止すると発表した。今のところサンドボックスの進捗にはとても満足している。

東洋経済プラスの連載「図解!マーケティング最前線」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。次回「テレビ広告が復権?『視聴率調査』の劇的進化(仮)」は翌週配信予定です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT