TikTokが「ヒットの導火線」音楽業界の劇的変化

若者ユーザーが自ら参加するバズマーケの正体

若年層が楽しげな動画を上げる「リア充メディア」。そう考える人も多いだろうが、TikTokは大きく脱皮しつつある(編集部撮影)

「TikTokではやったものはTikTokの中で終わる」――。音楽関係者からそう指摘されてきたTikTokだが、最近は様相が一変している。多くの楽曲がTikTokを起点、もしくは経由してヒットにつながっているのだ。

新たな音楽ヒットの導火線となったのは、ショートムービープラットフォーム「TikTok」。2020年には、社会現象になった瑛人「香水」をはじめ、ヨルシカ、yama、Rin音、オレンジスパイニクラブ、優里など、数々の新人・若手アーティストがTikTokなどSNSでのヒットをきっかけに躍進し、ビルボードジャパンの年間ヒットチャート「Billboard Japan Hot 100」にランクイン。音楽シーンは一段と多様化が進んだ。

すでに、多くのアーティストがTikTokをプロモーションに活用し、レコード会社も新人発掘の場として目を光らせる。TikTokは音楽業界にとって重要なメディアへ変貌を遂げている。

「楽しげな動画じゃなくてもいいんだ!」

TikTokは2017年夏に日本へ上陸。音楽関連の動画では、2018年に「め組のひと」(倖田來未によるカバーで2010年発売)を使ったダンス動画がリバイバルで大流行したことがある。注目はされたが、音楽業界にインパクトをもたらすには至らなかった。

「2019年夏に変化の兆しが表れた」。そう分析するのはTikTok Japan音楽チーム シニアマネージャーの宮城太郎氏だ。indigo la Endの「夏夜のマジック」(2015年発売)がヒットしたのだ。ゆったりとしたテンポに乗せた切ない歌詞が特徴で、この曲を使った動画が「エモい」と人気になった。

普段は楽しげな動画を投稿するインフルエンサーたちがこの曲を使ったことで、「切ない気分の動画を上げてもいいんだ」というムードが醸成されていったという。夏夜のマジックはストリーミングサービスのLINE MUSICで上位にランクインするなど、TikTok外への影響もあった。

東洋経済プラスの連載「図解!マーケティング最前線」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。次回「アニメ『鬼滅』旋風の裏にあった緻密すぎる戦術(仮)」は明日配信予定です。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT