「小児科かかりつけ医制度」登録のメリットとは

「いつでも」電話で相談できる心強い存在に

子供の「小児科かかりつけ医制度」をご存じですか?(写真:CHANTO WEB編集部)

2016年からスタートした「小児科かかりつけ医制度」は、国から認定された小児科などの医療機関をわが子の「かかりつけ医」として登録できる制度です。

日本医師会は、「かかりつけ医」について、

なんでも相談できるうえ、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師

と定義しています。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

わが子の体質や日頃の状態を継続的に見てきた医師なら、ちょっとした異変を見逃さず、万が一の時には専門の病院へつないでもらえるため安心ですよね。

今回は、まだ始まってから5年程度の制度のため意外と知らない人もいる「小児科かかりつけ医制度」と、かかりつけ医の見つけ方・選び方について紹介します。

「小児科かかりつけ医制度」とは?

「小児科かかりつけ医制度」は、2016年4月からスタートした国の制度です。

下記のような基準を満たす医療機関は、厚生労働省から認定を受けて「かかりつけ医」を名乗ることができ、登録している患者の診療すると「小児かかりつけ診療料」を加算できます。

■ 小児科専任常勤医がいる
■ 小児科外来診療料の届け出を行っている
■ 以下の要件を3つ以上満たしている
 ・初期小児救急医療に参加している
 ・乳幼児健診を実施している
 ・定期予防接種を実施している
 ・幼稚園・保育園の嘱託医(園医)である

対象となるのは「継続的に受診する6歳未満の乳幼児」で、かかりつけ医は以下のことを行うと定められています。

次ページ「かかりつけ医」だけの義務
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT