「小児科かかりつけ医制度」登録のメリットとは

「いつでも」電話で相談できる心強い存在に

子供の「小児科かかりつけ医制度」をご存じですか?(写真:CHANTO WEB編集部)

2016年からスタートした「小児科かかりつけ医制度」は、国から認定された小児科などの医療機関をわが子の「かかりつけ医」として登録できる制度です。

日本医師会は、「かかりつけ医」について、

なんでも相談できるうえ、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師

と定義しています。

当記事は、『CHANTO』の提供記事です。

わが子の体質や日頃の状態を継続的に見てきた医師なら、ちょっとした異変を見逃さず、万が一の時には専門の病院へつないでもらえるため安心ですよね。

今回は、まだ始まってから5年程度の制度のため意外と知らない人もいる「小児科かかりつけ医制度」と、かかりつけ医の見つけ方・選び方について紹介します。

「小児科かかりつけ医制度」とは?

「小児科かかりつけ医制度」は、2016年4月からスタートした国の制度です。

下記のような基準を満たす医療機関は、厚生労働省から認定を受けて「かかりつけ医」を名乗ることができ、登録している患者の診療すると「小児かかりつけ診療料」を加算できます。

■ 小児科専任常勤医がいる
■ 小児科外来診療料の届け出を行っている
■ 以下の要件を3つ以上満たしている
 ・初期小児救急医療に参加している
 ・乳幼児健診を実施している
 ・定期予防接種を実施している
 ・幼稚園・保育園の嘱託医(園医)である

対象となるのは「継続的に受診する6歳未満の乳幼児」で、かかりつけ医は以下のことを行うと定められています。

次ページ「かかりつけ医」だけの義務
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT