ファナックが50年守る「黄色い経営哲学」の迫力

実質創業者の稲葉清右衛門が築いた利益の源泉

稲葉清右衛門(いなば・せいうえもん)/1925年3月5日生まれ。茨城県出身。1946年に東京帝国大学(現東京大学)第二工学部を卒業。同年富士通信機製造(現富士通)入社。1972年富士通ファナック(現ファナック)専務、1975年社長、1995年会長、2000年相談役名誉会長、2005年名誉会長。2020年10月2日死去
ファナックの実質創業者であり名誉会長だった稲葉清右衛門氏が2020年10月2日に死去した。稲葉氏は、富士通信機製造(現富士通)で後にファナックの看板商品となる「NC装置」の開発を先導。1972年にNC装置事業が「富士通ファナック」として分離独立すると、NC装置、産業用ロボットの世界的企業へと同社を育て上げた。

2002年に出版された著書『黄色いロボット』に書かれた稲葉氏の言葉から、異色の超高収益企業を生み出した経営哲学を探る。

「黄色」に込められた意志

ファナックが本社を構える山梨県忍野村に足を運ぶと、工場群の外壁、従業員の制服、社用車、ロボット、すべてが黄色に染められている。これは稲葉氏が黄色を「戦いの色」としたことに由来する。

東洋経済プラスの連載「黄色いロボット王国 ファナック復活の真贋」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。次回「サラリーマン社長が明かすファナックの『規律』」は明日朝配信予定です。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT