3分でわかる!隠れ優良企業「ファナック」超入門

富士山麓の知る人ぞ知る黄色いロボ王国の正体

製品や建物、制服までコーポレートカラーの黄色で染められていることから「黄色い会社」としても知られるファナック(編集部撮影)
一時は売上高7000億円で営業利益率40%を誇った、知る人ぞ知るFA(工場自動化)業界の名門メーカー・ファナックが息を吹き返しつつある――。だが、経済・投資ニュースに頻出する同社について、よくわからない方も多いのではないか。
そこで、事業内容から時価総額、ソニーやトヨタ自動車との比較、福利厚生までファナックのさまざまな基本データをまとめた。

ファナックって、何?

主な事業はロボット部門、工作機械に搭載するNC(数値制御)装置を中心としたFA部門、工作機械などのロボマシン部門だ。

東洋経済プラスの連載「黄色いロボット王国 ファナック復活の真贋」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。次回「ファナックが50年守る『黄色いバイブル』のすごみ」は明日朝配信予定です。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT