冬の毛布「スペース取らない」かしこい収納術

便利グッズと収納する際の注意点

かさばる冬の寝具の収納方法を、注意ポイントとともに紹介します(写真:マイカジ)
この記事の画像を見る(6枚)
気候が暖かくなり、衣替えとともに寝具も切り替えのタイミングがやってきました。その一方で、毛布や掛け布団など、かさばる大物寝具の収納に困っている人も多いのでは? そこで、整理収納アドバイザーの赤工友里さんに、毛布を保管する際の注意点やイマドキの住まいに適した収納方法などをお聞きしました。

かさばる毛布の収納問題、どうしていますか?

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

寒い冬に大活躍する毛布。日に日に春めいてくると、しまい始める人が増えてきます。

「春服への衣替えのタイミングは、一般的に最高気温が15〜20℃くらいになるころ。東京だと例年3月中旬ごろだと言われていますが、毛布の切り替えのタイミングもちょうど同じ頃です。多くのご家庭では、毛布をクローゼットや押し入れに収納していると思いますが、スペースを取るのでなかなかうまく片付けられないという方は多く見受けられます」

毛布をしまう際、まず気をつけたいのが保管方法。やり方によっては来シーズン使う際の状態に影響を与えることもあるので、注意が必要です。

(写真:マイカジ)

「毛布や布団は湿気を吸いやすいので、長期保管する前には必ず天日干しをします。また、収納する日は天気のいい日にし、押し入れなど収納場所の扉を開けて湿気を飛ばしておくこともお忘れなく。さらに、収納する際はぎちぎちに詰め込まないことと、一緒に防カビ・防臭シート、除湿剤などを置くとより有効です。

最近はベランダに布団を干すことを禁じているマンションもありますね。その場合は、布団乾燥機やコインランドリーで乾燥させることがおすすめです。ダニは50℃以上の状態を30分間維持できれば退治できるため、ダニ対策にもなります。乾燥のあとは死骸を布団掃除機で吸うと、より衛生的です」

次ページ毛布を長期保管する際の注意点とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT