カルビー、「在宅勤務」定着でみえた期待と不安

コロナ感染拡大前から素早い対応ができた理由

カルビーでは東京本社などオフィスに勤務する社員約800人が在宅勤務の対象となっている(写真:カルビー)

「電話するほどではないことを話す場をつくる意味は大きい」――。

スナック菓子メーカー大手、カルビーのマーケティング本部で「じゃがりこ」の商品企画を担う松井淳氏は、在宅勤務下でのコミュニケーションについてそう語る。

松井氏が所属する部署では週に2日ほど約40分間オンラインツールを繋ぎっぱなしにし、「皆が同じ部屋にいるような雰囲気で」自由に質問をしながら業務を行っている。飲食店やスーパーなど現場での情報収集は減ったものの、多くのアイデアをつねに共有することで、新たな商品開発の可能性が広がっているという。

感染拡大前から在宅勤務に移行

新型コロナウイルスの感染拡大によって、オフィス勤務者はこれまでと異なる働き方を強いられている。カルビーでも東京本社などオフィスに勤務する社員約800人が在宅勤務の対象となっている。

新型コロナを機に在宅勤務制度を初めて整えたという企業も少なくない中、カルビーの対応はとにかく早かった。「2020年2月中旬からスムーズに在宅勤務に移行できた」と振り返るのは、人事総務本部でD&I・スマートワーク推進室室長を担う石井信江氏。

2月中旬といえば国内における新型コロナの感染者の大半が横浜港で検疫中のクルーズ船の乗客だったころで、1度目の緊急事態宣言が出るおよそ2カ月も前だ。

さらに国内でも感染が広がった3月下旬以降は、オフィス勤務者が原則在宅勤務となった。在宅勤務により通勤時間が減った事で、時間の有効活用ができるというメリットが社員に認知されたからだ。

緊急事態宣言が解除され感染者数が一時的に落ち着いた6月には、在宅勤務をベースとした「Calbee New Workstyle」という新たな働き方を策定し、7月から実行に移した。コロナ禍への対応として行ってきたリモートワークなどの働き方を、コロナ後を見据えて無期限に延長した。

東洋経済プラスの連載「働き方の最前線」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
「無意識の差別」は経営問題、メルカリが放つ一手
ネットフリックスに「人並みの社員」はいらない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT