郵便局員が「かんぽ生命へ大量出向」の真相

実態は「総合コンサルサービス」の大方針転換

かんぽ営業の再編に伴い、郵便局員の出向方針が示された社内資料(編集部撮影)

2月下旬に報じられた「郵便局員1万人のかんぽ生命への出向」。郵便局で保険販売などを担当してきたある渉外社員は、ため息まじりにこう口にした。

「突然のかんぽ生命への出向に驚いた。(出向先での)取り扱いはかんぽとアフラックのみ。これまで会社は『総合的なコンサルティングサービス』を掲げ、研修を行ってきたが、まったく意味のない結果となった」

そう思ったのはこの渉外社員だけでないだろう。

2019年6月に大量発覚したかんぽ生命保険の不適正募集。その反省から、かんぽの保険募集を行っている日本郵便は、さまざまな顧客ニーズに応じた提案ができる「総合的なコンサルティングサービス」を目指してきた。

全国に1万4000人(2020年10月時点)いる渉外社員は「コンサルタント」に名称を変更。渉外社員にFP(ファイナンシャル・プランナー)2級取得を励行し、営業活動の再開に向けて準備を推し進めてきた。

2月25日に3社長の連名でメール

実際、2021年1月17日に北海道で開催された社員との対話集会でも、「総合的コンサルティングとはお客さまのニーズに合ったものをご案内することに尽きる」と、日本郵便の高橋康弘執行役員が強調していた。

ところが2月25日に日本郵政の増田寛也社長、日本郵便の衣川和秀社長、かんぽ生命の千田哲也社長の3者連名で、全国の郵便局長宛に送られたメールには、大幅な変更が明記されていた。

まだ始まってもいない「総合的なコンサルティングサービス」に対して「専門性且つ幅広さを兼ね備えた形へと変革していく必要がある」と訴え、「かんぽ生命から直接的に支援し、(渉外社員が)高い専門性やノウハウを習得いただくよう、生命保険業務専担となっていただくとともに、かんぽ生命に兼務出向いただくことを検討しております」と告げたのだ。

「東洋経済プラス」でこの記事の続きが無料でお読みいただけます。「総合的なコンサルティングサービス」の軌道修正を図った背景など、内部資料を交えて詳報しています。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT