デロイト中国「手抜き監査横行」の仰天実態

現地社員の55頁に及ぶ内部告発がネットで拡散

告発文書からは、ずさんすぎる監査体制の実態が明るみになっている(写真:Imaginechina/時事通信フォト)
世界4大会計事務所の1つ、デロイト・トウシュ・トーマツの中国法人(デロイト中国)の社員が、「放飛機(ファンフェイジー)」と隠語で呼ばれる手抜き監査の横行を内部告発した。その文書はネット上で拡散され、中国の市場関係者に衝撃を与えている。財新記者が入手した同文書には、不正の舞台として、かつて東京証券取引所に上場していた中国企業も登場。アメリカや香港に上場する中国企業を含めた財務諸表の信用性を根底から揺るがす問題だけに、日本の投資家やビジネスパーソンにとっても無関心ではいられない。

中国の会計監査の信用が揺らいでいる。

2月3日、デロイト中国の社員が、55ページにも及ぶ内部告発の文書を同僚のメールアドレスに一斉送信した。この告発者は「道徳的に超えてはならない一線」を越えた不正行為があったと指摘。告発文書は中国の会計事務所業界に瞬く間に拡散された。

それによれば、告発者が勤務するデロイト中国の北京事務所では会計事務所業界の隠語で監査の手抜きを意味する「放飛機(ファンフェイジー)」や、監査の妥当性をダブルチェックする内部監査のスキップの横行、さらには(契約先企業からの)金品の授受まであったとされる。

そんな不正行為が、ヒラの会計士からシニア会計士、シニアマネジャー、パートナーにいたるまで、全階層の関係者に蔓延しているというのだ。

NYや香港で上場する企業も書かれている

財新記者が入手した告発文書には、2020年12月31日の日付が記され、2016年から2018年にかけて不正な監査が行われたとされる10の案件が列挙されていた。

本記事は「財新」の提供記事です

名指しされた企業は、幼児向けの教育サービス企業でニューヨーク証券取引所に上場する紅黄藍教育機構、環境関連企業で香港証券取引所に上場する博奇環保、国有物流大手の中国外運(シノトランス)の子会社4社、韓国LGグループの傘下にある北京のITサービス会社の合計7社だ。

(訳注:名指しされた1社の博奇環保は、かつて東京証券取引所第1部に上場していた中国博奇[チャイナ・ボーチー]の実質同一企業。2012年に東証から撤退し、2018年に香港証券取引所に再上場した。会計監査は東証時代にもデロイト・トウシュ・トーマツが担当していた)

告発文書には不正行為の1つとされている「放飛機」の手抜きの実例も、具体的に記されている。例えば紅黄藍教育機構の監査の過程で、告発者が監査調書と会社の帳簿を突き合わせた際に、金額の不一致を発見した。

東洋経済プラスでは、この記事の続きを無料でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT