ウールやカシミヤの「蓄積汚れ」を落とす洗濯術

寒い季節でも汗をかいて蒸れたり臭うことも

ウールやカシミヤの正しいメンテンス方法を知っていますか?(写真:マイカジ)
厳しい寒さが続く日々、大切に着ていたウールやカシミヤも、そろそろ汚れが蓄積するころ。そんなニットをおうちでお手入れしてみませんか? 長く愛用するためにも、正しい洗濯方法をマスターしましょう。

冬でも汗はかいている! ニットに蓄積汚れあり

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です。元記事はこちら

防寒対策はしっかりしておきたいこの季節。重ね着はするし、室内は暖房がきいているしで、服のなかの湿度はムンムン。汗をかいて蒸れたり、臭うこともあるでしょう。ニットは思っている以上に、定期的なメンテナンスが必要なのです。

縮みや型くずれ、毛玉、静電気を防いでふんわりさせるには、おしゃれ着用洗剤で洗い、仕上げに柔軟剤を使うのがポイントです。干すときは平干しをすることで、型くずれや傷みを防ぐことができます。

重要! 洗濯前にチェックすること

■おうちで洗えるかどうか

ニットの裏のタグにかかれている、洗濯表示を確認しましょう。洗濯不可のマークがついていなければ、自宅で洗濯できます。

■色落ちは大丈夫か

(写真:マイカジ)

濃い色のニットは、目立たない部分におしゃれ着用洗剤の原液をつけ、5分放置した後に、白い布を当てて軽く押さえます。布に色がついた場合は、色落ちするサイン。ほかの洗濯物と分けて洗いましょう。

次ページ洗濯機を使う際の3つのポイント
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT