ABホテル、業界人も目を疑う「黒字死守」の神髄

平時は利益率20%超、愛知の隠れた優良企業

ABホテルの多くの店舗は地方に出店している(写真:ABホテル)

ライバル会社の社員が、驚きと疑問の入り交じった声でつぶやいた。「ABホテルさんの客室稼働率はすごいですね。なんでこんな高いのでしょう……」。

ABホテルとは、東海エリアを中心に全国31店舗(2021年2月時点)を展開するビジネスホテルチェーン。1999年にスポーツクラブ「ホリデイスポーツクラブ」などを運営する東祥のホテル事業部門として始まった(東祥は現在も親会社)。

2014年から愛知県外への出店をスタート。コロナ以前、2020年3月期の営業利益率は21%強と、業界の隠れた高収益企業だ。

稼働率は競合の10ポイント超

今期、既存店の客室稼働率は2020年4~12月の累計で68.6%だった。前年同期比では18.5ポイント減と落ち込んでいるものの、競合他社と比較するとかなり高い。

観光庁の調査によれば、ビジネスホテル全店の稼働率は、最も回復が進んだ2020年11月でも55%止まりなのだ。

2020年4~12月期決算は営業利益7700万円(前年同期比93.8%減)と辛くも黒字を確保。ホテル業界各社が赤字に陥る中、ABホテルはなぜ稼働率を保ち、赤字を回避することができているのか。

東洋経済プラスの連載「消えたGoToトラベル 観光業の暗中模索」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
【データで見る】Go Toで観光業界は本当に救われたのか
GoToから置き去り「街の旅行会社」の切実な訴え
ビジネスホテル「住宅化」も辞さぬ大胆な生存策
GoTo消えたリゾートホテルに「春が来ない」悲哀
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT