爆買い中国人が押し寄せる「海南島」の正体

日本の化粧品メーカーも矢継ぎ早に進出

2020年11月、海南島の日月広場免税店で買い物をする消費者(写真:新華社/共同通信イメージズ)

インバウンド需要が盛り上がっていたころ、品切れを起こしていた資生堂の美容液「アルティミューン」。それが3つも買えば15%引きで購入できる。しかも免税対象だ。

1つ当たりの値段は576元(約9200円)。日本で購入するより4000円近く安い。商品が売られているのは、中国・海南島にある免税店「三亜国際免税城」のオンラインショップだった。

香港や広州の南に位置する海南島。九州と同じくらいの面積のこの熱帯の島は、「中国のハワイ」とも言われる観光地だ。

「三亜国際免税城」のオンラインショップでは、コーセーの「DECORTE(デコルテ)」や「雪肌精」のほか、「SK=Ⅱ」や「エスティローダー」といった海外有名ブランドの商品も割引価格で販売されている。もちろん店頭でも割引された免税商品を購入することができる。

島内の化粧品売り上げは2020年に急拡大

「一部の化粧品ブランドではテナント内に客が入れず、外に列を作っていた」。そう話すのは、2020年11月に海南島の免税店を視察した日本貿易振興機構(ジェトロ)の田中琳大郎氏だ。

その盛り上がりはデータにも顕著に表れている。島内における化粧品の売上高は、2020年3月まで前年と同水準だったが、4月以降は急拡大。2020年の累計では、192億元(約3100億円)と、前年比で2倍以上になった。

「海南島が急成長を遂げ、売り上げ面において大きなプラスとなっている」(コーセー)、「海南島の売り上げは伸長している」(資生堂)。日本の化粧品メーカー各社も、成長の地としての海南島に熱視線を注ぐ。

なぜ一大ブームになりつつあるのか。キーワードは「離島免税」だ。

東洋経済プラスの連載「暗転! 化粧品」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
資生堂、「魚谷体制」7年目の光と影
化粧品市場、「3000億円」蒸発の衝撃
【座談会】雇用やボーナスはどうなる?「美容部員」の今
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT